公益社団法人青森県診療放射線技師会

注意喚起)インフルエンザに気をつけよう

2019/10/17 - お知らせ

青森も肌寒くなってきましたが、西日本ではインフルエンザが猛威を振るっているようです。JARTから以下のニュースと共に、注意喚起を呼びかける連絡がありました。
会員の皆様も気をつけて下さい。

10月10日 Yahooニュース

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191010-00002975-nbcv-l42

長崎大学病院でインフルエンザの集団感染が発生しこれまでに入院患者や職員ら35人の発症が確認されています。CT検査室が感染源ではないかとみられており大学側では心当たりのある人はすぐに病院を受診するよう呼びかけています。

大学病院によりますと今月4日に放射線部の職員がインフルエンザを発症したため部内を調査したところきょうまでに56人の職員のうち24人が感染していることが分かりました。感染は患者側にも広がっており4日に放射線部でCT検査を受けた患者のうち11人の感染がこれまでに確認されておりCT検査室が感染源になったものとみられています。

「9月の中旬からアウトブレイクというか、インフルエンザが増えるというのは想定外のことであったかと思いますけど、(病院職員の)皆さんの意識も足りなかった」(長崎大学病院 泉川公一センター長)

今月4日にCT検査を受けた患者132人のうち102人が外来患者だったということで病院側ではCT検査を受けた人でインフルエンザの症状が見られる場合はすぐに病院を受診するよう呼びかけています。


このページのトップへ